剣道試合への疑義と憂慮

我が海風館が試合参加を止めて既に数年が経過する。試合の齎(もたら)す弊害に気づいたのは、勿論海風館が最初ではない。試合の齎す問題は多くの先達剣道家がこれを指摘し、警鐘を鳴らして優に三/四半世紀以上が経過する。その警鐘を打った一人に『大日本武徳会武道専門学校』の初代剣道師範内藤高治(たかはる)がいる。内藤先生は昭和4年天覧試合に強く反対したが、「おそれ多くも勅令でありますぞ」と御名御璽』を言い渡され、「それならばいたしかたございません」と頭を垂れた。京都に帰った内藤高治は「これで日本の剣道はほろびる」と嘆じたそうである。この時の内藤先生の嘆息は、逸話として巷間剣道家の語り種であった。だがそれも二昔前までである。試合が至上目的となった今様剣道界で、この逸話は歓迎されるべくも無い。しかし有ろう事か、私はハワイくんだりまで来て、奇しくもこの逸話を再び、しかし今度は『実話録』として聞いた。ハワイ出身の日本人で『武徳会31期生』として、日本帝国陸軍に徴兵されるまで謂わば剣道を専門的に修学された、今は亡き面本(おもと)先生から親しく伺ったのである。晩年アメリカ本土のワシントン州に住んでおられた面本先生が、私との往復書簡で『試合剣道』をいたく憂慮されていた事は言うまでも無い。それは恰も遺訓の如きであった。

武徳会武道専門学校剣道師範内藤高治は、古来の『武術』を『武道』と改称した同校校長・西久保弘道のもと『道』としての剣道を時代の波を乗り越えて現代に伝承した。また武徳会の多くの剣道教師陣は矢張り試合を忌諱(きき)した彼の剣聖・山岡鉄舟の春風館の門から輩出したから、往時の剣道修行は試合と無縁のものにあったに違いない。だが現今の全日本剣道連盟は、内藤高治初め幾多の心ある剣道家の誡めに耳を貸す事なく、もう後戻りの利かないところまで『試合』を剣道修行の目的に定着させてしまった感がある。

剣道は武道であれば、稽古で勝ちを競い合うもの(是一)である。この競い合いは強靭な肉体を作り健全な精神を培う(是二)。然るに剣道の真の目的は、此処を以て終着点としない。剣道修行の真の目的は「尊敬心」「知恩心」「団結心」等々、人間性の涵養(是三)である。

『是一』は『勝他』であり『方便』である。即ち、より高い目的への方法手段であると言う事だ。『是二、是三』は『克己』であり『目的』である。就中『是三』の人間性の涵養は、独り剣道のみならず、普(あまね)く武道の到達点である、と須(すべから)く心を定むべきものではなかろうか。そして私は、この目的の達成の要は、各人の所属する道場に於ける「師弟関係」と「(門弟同士の)兄弟関係」の強い絆に求めるものであると考えるのである。

全日本剣道連盟も「剣道の理念」を表して『人間形成』を謳い、又「礼」を以てモットーとする。しかし現実の剣道界は「試合」に強く執着し、これを至上目的としているのではなかろうか。それは上記の目的に照らし合わせば『是一』に拘泥した姿であろう。『是二』は是一に伴う利益であるから改めて論ずる必要はないが、真の目的たる『是三』即ち『克己』と『人間性の涵養』への深化は、これをしっかりと心の中心に据えなければ成就はおぼつかない。試合にかまけていては、剣道に目指すべき崇高な目的がある事を、思考の端にも思い浮かべる事はないだろう。

人間の成長過程を視るに、幼児少年期の『遊び』は、健全な人間関係を養う上で欠く能わざる大切な要素である。だが成人して尚遊び呆(ほう)けるのは『放蕩』である。同じく若い剣道家が楽しい肉体的チャッレンジに現(うつつ)を抜かすのは否めないが、剣道の試合は『遊び』『勝他』『方便』であると心得なければ、本当の剣道家としての成長はない。剣道の正しい目的を教えて若者を教導する事こそ、各剣道場の最大一の眼目であるべきであろう。試合を催す各地各方面の剣連は、謂わばアミューズメントパークである。道場の大切な子弟を、アミューズメントパークで遊ばせてばかりいてどうなる。個々の道場は不認識な剣連の手先であってはならない…と、私は自戒している。

剣道の目指すべきに関しては更に大いに語るべきものがあるが、それはひとまずさて置くとして、それでは全剣道家を駆り立てる『試合』とは如何なる代物か。その実態に目を向けていきたいと思う。

 

***********************

絶対的多数の剣道家が、強くなる事が剣道修行の目的であるかの如き著しき誤解の念を解き得ないのなら、彼らにとって全日本剣道選手権大会は最強の剣道家を決定する権威ある催しであり決定機関である。さてこの全世界の剣道家が憧れ注目する全日本剣道選手権大会とは、果たして如何なるものか。

茲に YouTube からの短いムービークリップを二本紹介したく添付した。試合審判の体たらくを如実に、目の当たりに御覧戴きたい。一本目は『0.009秒』二本目は『宮崎vs栄華』と題する試合である。この『ドタバタ劇』観て、笑うに笑えず、泣くに泣けず、深刻に陥るのは果たして私独りであろうか。


 0.009秒』の試合は上述選手権大会、2007年の最終試合「寺本vs高鍋」の模様で、寺本が0.009秒差で高鍋を制する、否、制したと審判するお粗末である。何故『お粗末』か…。それに二つの理由がある。

理由#1)審判は剣道界最高峰の八段の諸先生方だが、如何せん、神ならぬ生身の人間の肉眼で0.009秒の差が確認出来る筈もない。私はこのムービーを何度目を皿の様にして見返しても、どちらの竹刀が先に相手に届いたか見極められない。超ウルトラ高速スピードフィルムに依って、初めてその見分けが可能なのである。「貴方は七段だから見分けがつかないが、彼らは八段の先生方だから出来る」と抗弁するのは非科学的な世迷い言だ。

茲で二本目の『宮崎vs栄華』も見てもらいたい。説明を待つまでもないないだろうが、この審判は隠しようもない明かな誤審である。栄華の勝ちを、三人の八段審判がそろって宮崎に与えた。こんな簡単な打突の見分けもつかない審判に0.009秒の差の見分けがつくものか。見えないものを見えると言う。これは何処の社会にあっても「嘘つき」と呼ぶ。

理由#2)この条#2は著しく大事である。我々は剣道の話をしている。即ち剣の所作である。剣を持った両者がそれを相手に振り下ろし、0.009秒の差で勝てるか。剣道を「走り競技」か「水泳競技」と混同しているんじゃないか。0.009秒の差で相手を切り倒した勝者(?)は、0.009秒後に間違いなく敗者(?)に依って斬殺される。どうしてそこに勝敗があるか。この勝負は『相打ち』で、ノーカウントとするのが当然の正しい審判である。

剣道に三殺法(剣、気、技を殺す)と三つの機会(起こり頭、受け止めた処、技の尽きたところ)と言う教えがある。私は三つの機会に<相手の居着いたところ>を加えて四つの機会と教えている。これ等『七つの誡め』は即ち如何に相手を制して勝ちを得るかを教えている。言わずもがなこれが剣道修行の目指すそのもので、此処に『相打ち』はない。相打ちは匹夫の勇、修行到らざる故の最後の選択たる自爆行為である。にも拘らずこの修行未熟を晴れの試合の舞台で暴露し、且つ試合者の『未熟』に輪をかけた審判がその尻馬に載せられて、雄雌を分けて有りもしない勝敗をつけるとは何と言う愚行の極みであろう。試合がいやが上にも剣道をスポーツ競技にしている証左である。
内藤高治が八十数年の昔に吐露された「これで日本の剣道はほろびる」が、いま現実のものとなっている。

 

さて二本目の『宮崎vs栄華』は、1999年の選手権大会のベスト4の試合の模様である

もう見てもらってお分かりだが、この審判は看過ならない誤審である。宮崎の放った殆ど『横面』とおぼしき得意技を、栄華はハッシと受け止め「返し胴とは斯くなるもの」とばかりに見事に返した。快心の技である。宮崎の面は栄華に阻まれ遥かに届かない。だが血迷った審判はこぞって宮崎の勝ちを宣言した。この瞬間に栄華の顔に翳った心の動転と落胆と自失を見て取る事が出来る。

こんな下手くそな審判を弁護すべくも無いが、なぜ誤審をしたかに就いては、私なりに考え得る処がある。

その一は、上の寺本(0.009勝者)も宮崎も先に行動を起こし、審判がこの先制攻撃に眼と心を奪われて、それを欲目で判断した故であろう。その二は、「平成の怪物」と異名を取った剣豪宮崎の勇名である。世間もまた、当然宮崎が勝つと期待を寄せた。審判が潜在意識で世間の期待に迎合したのであろう。

いずれにしてもこれ等の誤審は、偏見と執着の為せる業で許し難い。無私、公正、そして平常心を標榜すべき剣道家でありながら、それを衆人環視の中で見事に裏切った八段先生の無修養且つ不精進ぶりは恥辱の極みである。

 

この上述二本のムービーは『氷山の一角』に過ぎない。YouTubeをサーフして御覧なさい。剣道日本一を決定する選手権大会での誤審を沢山見る事が出来る。況(いわん)や各地方、各団体の剣道大会に於いておやである。

人間は間違いを冒す。だがそれを正すのも人間だ。果たして剣道試合にそれを見る事が出来るか。「否」である。YouTubeに恥を晒して尚、過去の誤審を曾て訂正した事もなければ、間違いに学び、然るべき対応を公に講じている姿もない。「審判は神聖にして侵すべからず」と言う権威を笠に着た居直りか或は慢心の傍若無人か…。

もう一つの日本古来の武道、相撲を見よ。土俵上に行司がいて、土俵下に五人の審判がいる。この六人全員が意見の一致を見ないと勝敗はない。一人でも「物言い」がつくと、ビデオを駆使して六人全員の同意の上に正しい勝者を判定する。古式豊かな装束に身を固める相撲行司は、腹に短刀を差している。もし勝敗を誤って軍配を差すなら、その短刀で以て自決の覚悟を示していると言う。剣道試合の健全なる運営に、何か倣うべきものはないのか。誤審に己を省みず、木で鼻をくくった態度を堅持する。私の最も忌み嫌う態度だ。精神の高揚を目指す剣道にして、看過ならない卑しい驕り高ぶった態度である。

『剣道の理念』で「人間形成」等と謳うが、もしそれが本意なら、吾思うに、その最第一に心に据えて誡(いまし)めるべきは、只々『正直』である事に過ぎたるは無い。然るに、己の間違いを自ら正さぬ者が性懲りも無く「人間形成」等と嘯(うそぶ)く事は笑止千万、『不正直』『二枚舌』の誹(そし)りを免れない。

今一つ思い出した。剣道界に時々忘れた頃に『オリンピック参加』の問題が持ち上がる。大多数の全剣連のお偉方はこれに反対するそうだ。その理由は大枠、剣道の試合の勝敗は「打った、打たれた」丈でない要素があるからだそうで、オリンピックの審判にその「言うに言われぬ 要素 なるものが理解出来ないだろう…と言う事だそうだ。なかなかの『自惚(うぬぼ)れ』で、凡庸な私にはおいそれと理解出来ない。私の心に飛来するのは、大衆が分かり納得出来る基準を避け、玉虫色の曖昧で、飽くまで自分等を正当化したいのだろうと言う疑義である。私は剣道試合そのものを否定しているのだから、オリンピック参加を推進する筈もない。だがこんな出鱈目、恥さらし、不自省が『剣道試合』のやり方なら、オリンピックの方で「ノーサンキュー」で、恐らく二度恥を掻くのではなかろうか、と思う老婆心である。


所詮『試合』はその字の示す如く『試し合う』事で、その辺りに留めるのが宜しい。私の道場では年一度の試合を楽しんでやる。私が有効打突、心の構えと言う事をここで教える。只それだけである。それ以上に他人の判断を頼み名声を勝ち取る為に躍起になるのは、滑稽で哀れで嘆(なげ)かわしい。

低き試合を去り高き精神の昂揚を求める事こそ、真に『道』を求むる者の指向であろう。だが剣道界がこぞってこれを顧みない。これが一初老の剣道家、一道場主の心に覚える憂慮である。

 

č
0.009 sec.mov
(9004k)
Kaifukan Maeda,
Sep 14, 2012, 7:24 PM
č
eiga vs miyazaki.mov
(6507k)
Kaifukan Maeda,
Sep 14, 2012, 7:25 PM